不動産

不動産INFO 物件を買う

税金に関する知識

不動産を購入すると以下のような税金がかかります。

 

印紙税

不動産の売買契約書などは法律により課税の対象と定められています。その税金を印紙税として納付しなければいけません。印紙税は契約書に収入印紙を貼付し、割り印で使用できなくする事で納税します。

印紙税は契約書1通ごとに課税されます。契約書は買い主、売り主にそれぞれ1通づつ作成しなければなりませんので、印紙税は2通分かかります。金額が大きい場合には買い主が原本を、売り主がコピーを保有するようにすると印紙税を節約できます。

 

記載されている金額
納税額
10万円以下
200円
10万超〜50万円以下
400円
50万超〜100万円以下
1,000円
100万超〜500万円以下
2,000円
500万超〜1000万円以下
10,000円
1,000万超〜5,000万円以下
15,000円
5,000万超〜1億円以下
45,000円
1億超〜5億円以下
80,000円
5億超〜10億円以下
180,000円
10億超〜50億円以下
360,000円
50億円超
540,000円

 

登録免許税

不動産の権利などを登記した場合、登録免許税という税金がかかります。

 

登記内容
上限
売買による所有権移転
固定資産税評価額×1%
抵当権の設定
債権額×0.4%

 

不動産所得税

不動産を所得した時に、不動産所得税という税金が課税されます。土地、建物によって不動産所得税の算出方法が異なります。

 

所得対象
不動産取得税の計算
土地
固定資産税評価額×1/2×1%
建物
固定資産税評価額×3%

 

固定資産税

固定資産税の評価額が土地30万、建物20万に満たない場合は固定資産税は非課税となります。

固定資産税の課税標準は固定資産税評価額ですが、現在ほとんどの土地が負担調整措置として一定額減額されています。

 

固定資産税
固定資産税評価額(課税標準)×1.4%

 

都市計画税

都市計画税は都市計画で定められた市街化区域内にある土地、家屋に対して課税されます。

上記は標準税率ですが、税率は不動産の所在する各市町村で異なる場合があります。

 

都市計画税
固定資産税評価額(課税標準)×0.3%

 

不動産情報INFO

 物件を借りる

費用に関する知識

物件探しのポイント

物件契約前のチェック

物件契約

入退去に関わる手続き

 

 貸す

賃貸住宅経営の知識

収益物件の選び方

入居者募集のポイント

契約に関する知識

トラブルについて

賃貸経営の注意

 

 買う

不動産物件購入費用

物件探しのポイント

現地調査のチェックポイント

手続きに関する知識

税金に関する知識

不動産・物件購入時の注意

 

 売る

不動産物件売却の流れ

不動産地価査定のポイント

不動産業者の選び方

費用に関する知識

不動産売却時の注意

不動産投資入門

 不動産投資って?

 メリットとデメリット

 投資物件の選び方

 不動産投資の資金計画

 継続的にかかるコスト

 投資物件の申込・契約

 不動産投資に関する豆知識

不動産用語集