不動産

不動産INFO 物件を売る

不動産地価査定のポイント

売却計画を立てる第一歩

所有している不動産物件の査定を行うことで、イメージしていた計画を具体的にしていくことができます。

不動産物件情報サイトや、新聞折込広告で調べることで目安としての価格調べられます。
最近では、インターネットで簡易査定を行っているサイトもあるので、試してみるのもよいかもしれません。

しかし、一般の人が不動産物件の価格を判断するのは非常に難しく、自分で調べた価格は、売主である希望売却価格として高め設定されているほか、自分自身も高く売りたいため、高めに判断しがちです。

そのため、最終的には不動産業者など、プロの第三者の立場での査定を依頼することになります。

査定は、不動産売買仲介業務を行っている不動産会社であれば、大抵無料で行ってもらえます。

査定を行った際は、その金額になった理由・根拠を説明してもらい、その上で売却を依頼しましょう。

 

価格査定を依頼する

業者が価格の査定を行う際は、土地・建物の現状の調査を行います。

査定を行うのが土地の場合は、近隣の環境、隣接地との境界、越境の有無、地盤・擁壁の状態などを、
建物の場合は、部材の等級、造作の仕上り具合、瑕疵や修理すべき箇所などの確認を行います。

その後、過去の取引データや、業者自身の知識などをあわせて、売却できそうな価格を設定します。

土地建物の面積や築年月日・間取については、土地建物登記簿・測量図や建築確認申請書の控え(副本)・物件購入時のパンフレット等に基づいて行います。

これらの書類がない場合は、広告を出す際にも支障が生じるため、
測量会社や建築会社で図面の再交付を依頼することになります。

一定期間を経過すると廃棄されていることも考えられるため、その場合は改めて測量しなおす、
もしくは公募面積による取引を行うかを決めなければならないほか、
建物の図面の作成をしなおすことになります。

業者の出した査定金額を元に、売却価格を設定します。
この価格設定が高すぎるとなかなか買い手がつかず、結果的に安く売却する羽目になる場合もあるので、
業者と相談しながら、慎重な決定が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産情報INFO

 物件を借りる

費用に関する知識

物件探しのポイント

物件契約前のチェック

物件契約

入退去に関わる手続き

 

 貸す

賃貸住宅経営の知識

収益物件の選び方

入居者募集のポイント

契約に関する知識

トラブルについて

賃貸経営の注意

 

 買う

不動産物件購入費用

物件探しのポイント

現地調査のチェックポイント

手続きに関する知識

税金に関する知識

不動産・物件購入時の注意

 

 売る

不動産物件売却の流れ

不動産地価査定のポイント

不動産業者の選び方

費用に関する知識

不動産売却時の注意

不動産投資入門

 不動産投資って?

 メリットとデメリット

 投資物件の選び方

 不動産投資の資金計画

 継続的にかかるコスト

 投資物件の申込・契約

 不動産投資に関する豆知識

不動産用語集